最近読んだ小説 2017年2月

1月と2月はあまり小説を読まずに技術書やらビジネス書のほうを多く読んだ。それでも、たまには知識にあふれた堅苦しい本ばかりではなく、想像上の物語を読みたくなってしまう。 ちなみに村上春樹は読んでいない。 私たちは生きているのか? https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06X6GLW3X/ 続きモノの4作目なので、「彼女は一人で歩くのか?」から読んだほうが面白い。 このシリーズはSF小説で、テクノロジーの進化によって人間以外の知性が出現している世界を描いている。ロボットから発展した人間とほぼ変わらない人造人間とか、スーパーコンピュータの上に乗った人工知能とか、ネットワークに潜む分散型人工知能とか。同時に人間もほとんどマシンに近づいている。人間は生きているのか? »

Author image ito

update_ghost()

ブログプラットフォームのGhostを久しぶりにアップデートした。管理画面がより使いやすくなっていた。 Ghostは、Ghost Foundationが開発を進めるブログプラットフォーム。 Ghost Foundationは非営利団体で、「ジャーナリストのため」をビジョンとして掲げている。 コードはオープンソースで公開され、Node.jsで動く。 現在の最新バージョンは 0.11系だが、1.0リリースに向けて準備を進めている。今後がとても楽しみなプロダクト。 ここが良い Ghostの好きなところは色々あるが、とくに、Markdown形式で記事が書けて、シンプルで洗練された管理画面のインターフェースが気に入っている。 Node.jsのエコシステムの上で動くので、インストールも簡単だし、 »

ito version 28

昨年から、人間の精神活動のメカニズムに興味を持つようになり、手軽な書籍を読みふけっている。 そうしているうちに、脳・精神・心についての自分なりの世界観・地図が出来上がってきた。 精神活動は脳だけで完結するものではない。首から下は、単なるIOデバイスではなく、それ以上の機能があり、脳と相互に影響しあっている。 精神活動には2つのモードが存在する。ダニエル・カーネマンがシステム1、システム2と呼んでいる考え方が私は気に入っている。これに限らず、モードの定義の仕方・呼び方には様々なやり方があると思う。本能と論理。前頭葉と扁桃体。論理と創造。右脳と左脳。低速と高速。 »

Author image ito

バスの時刻表

Androidタブレットに、常時、バスの時刻表と運行状況を表示して、リビングに置いた。 HTML5で実装しており、バス会社のWebサイトに公開されている時刻表・運行状況をスクレイピングして、常に自宅最寄りのバス停の情報を表示するようにした。 おまけに、天気を取得するAPIを叩いてみたり。デジタルフォトフレームのように写真を表示してみたり。 これで、忙しい朝もあわてることなく支度ができるというわけである。 »

黒板作った

家に黒板を作った。黒板とは、学校やオシャレカフェにある、チョークで書き込み可能なあの板である。 黒板は簡単に作れる 筆者は、サンデーペイント社のスプレーを利用することにした。近所のホームセンターに売っており入手性が良い。Youtubeに動画もあがっており、作業手順は容易に想像つく。 チョークや黒板消しは、Amazonで入手するほうが良い。 やり方は、薄く塗布して、乾かして、重ね塗りする。仕上げに、2・3日ほど感想させれば良い。 スプレーの他にも、ハケで塗るタイプの水性塗料・油性塗料もあるが、今回は、簡単そうなスプレーを選択した。 黒板よりもホワイトボードのほうが書きやすい。ホワイトボードは、オシャレ度が下がると考え、 »