Arduinoに興味わいた

筆者はArduinoに興味を持ち始めた。Arduinoである必要は無いのだが、ちょっとした電子工作の必要がある。まだ部品選定の段階だし、仕様も詰めたほうが良さそうだが。

Arduino は、C++言語風のオブジェクト指向なArduino言語と、専用のIDEでプログラミングが出来るマイコンボードのシリーズだ。Atmel社の、CPUといくつかの周辺装置が組み合わさったSoCが基本になっており、用途やサイズによってボードを選べる。RaspberryPiとは違い、ソフトもハードもかなりシンプルだ。公式に、拡張ボードも提供されており、「Shield」 と呼ばれている。

余談だが、「Shield」は、はじめてArduinoサイトで英文を読んだ時に、どう解釈すればよいか戸惑った。盾のように基本ボードの上に接続するからこのように呼ばれているのだろう。筆者が働いたことがあるボードを扱う職場では、「親ガメ」「子ガメ」と良く呼ばれていた。英語圏ではそれが「シールド」なのだ。

Arduinoは、数年前から書籍もかなり出回っているし、スターターキットのようなものも色んな会社が出している。かなり手軽にはじめられるんじゃないか。

WikipediaのArduinoの項目
http://ja.wikipedia.org/wiki/Arduino

Arduinoの製品ラインナップ
http://arduino.cc/en/Main/Products

今日、ボードのラインナップを眺めていて初めて知ったのだが、
LilyPad というシリーズがあり、これも気になる。LilyPadは、衣類に縫い付けることを想定したボードである。
http://arduino.cc/en/Main/ArduinoBoardLilyPadSimple

面白いのが、Washability すなわち”洗える”とアピールしていること。
もちろん、バッテリーは外す必要があるし、水に塗らせない周辺装置をくっつける場合はダメだろう。