Build2015

Microsoftが開催中の開発者向けイベント Build2015 が盛り上がっているようだ。Windows10の事など、Microsoftの最新の動向がわかるイベントになっている。筆者が特に気になっている所だけピックアップする。

Visual Studio Code

Visual Studioが Macおよび Linuxで動くようなった。Visual Studio Code と呼ばれており、現時点では Preview版がダウンロードできるようになっている。

https://code.visualstudio.com/Download

これは、WindowsのようなネイティブなVisual Studio ではなく、以前からあるブラウザ版の Visual Studio Online に近いだろう。 Visual Studio Online を Github の Atomと同ように Chromium 上で動くようにしたもののようだ。
JavaScript のコーディングができるし、TypeScriptも扱える。

TypeScript好きかつMacを使うことが多い筆者としては、TypeScriptがMacでも自然に書けるようになるのは嬉しい。MacでのTypeScriptコーディング環境としては、JetBrain社のWebStormも有望だが、WebStormは、TypeScriptの最新バージョンへの追従がVisual Studioよりも遅れることが懸念だった。

本家のVisual Studio はゴテゴテのGUIだったが、Visual Studio Code はもっと軽くて、いちいち「ソリューション」とか「プロジェクト」を作る必要も無い。SublimeTextとかAtomを良く使うLL(Lightweight Language)好きな人に好まれそうなインターフェースだと思った。

その他

  • Android App やiOS App が Windows 10 で動く

単に動くのではなく、移植を簡単に進められるような環境を整備しているようだ。

  • 新ブラウザ Edge

アイコンがIEみたいなのが気になる。