Google の Chrome Cast 買った感想

Chrome Cast 買ったけど、いまひとつだと思った。
これは、USBメモリのような感覚でテレビのHDMI端子に接続して使うデバイスで、パソコン・スマートフォンから映像をテレビに転送できる製品だ。
ちょっと使ってみた感想として・・・
対応アプリがけっこう少ない。ふつうの人が買った場合、出来ることは、Youtubeの動画をテレビで見たり、”一部の対応動画サービス”の動画をテレビで見たりするくらいしか出来ない。けっこう少ないと思うのだ。
類似な製品のAppleTVと比較すると、iOSと連携させるだけならAppleTVのほうが断然良かったので、もしiOSでしか使わないならAppleTVのほうをおすすめする。
最近、都内の電気屋でChrome Cast をもうれつにプッシュして売ろうとしている場面をよく見かけるが、多くのユーザーにとって、現時点では想像以上に役に立たないデバイスだと思う。

Chrome Cast は一見、AppleTV互換製品と思われがちだが、そうでは無い。機能やプロダクトの特性に大きな違いがあり、色んな意味で対照的だと思った。

AppleTVは、OS単位でサポートされるので、色んなアプリで汎用的に連携ができる。一方Chrome Castは、OSでなくアプリ単位でのサポートとなる。アプリが対応していなければ、全く連携はできない。AppleTVのように、スマートフォンの画面をそっくりそのまま転写することはできない。
逆に言えば、SDKを利用すればアプリに組み込むことは容易なので、アプリ次第で色んな使い方ができるだろう。今後、面白いアプリが登場することに期待したい。
UIや、筐体に内蔵されている機能にも違いがある。AppleTVは本体がそこそこ高機能なので、単体で写真を見たりネットラジオを流したりできる。リモコン操作で。一方のChromeCastの本体はかなり省機能なものだ。リモコンも無い。

現時点でAndroidからテレビにコンテンツを送る手段としては、HDMIを使った有線接続(これはかなり昔からある)のほうがおすすめできるかもしれない。