Windowsのローカル環境ではじめるnode.js + express

まず node.js 公式サイトから、何も考えずに最新版インストーラーをダウンロードする
http://nodejs.org/
今回使ったインストーラーはこちら。
node-v0.10.18-x64.msi
ウィザード形式で、インストールをする。
終わったら、確認してみる。
コマンドプロンプトにて、node.js と、パッケージインストーラーのnpmを確認してみる。

>node -v
v0.10.18  
>npm -v
1.3.8  

サーバーフレームワークである express を公式サイト通りインストールする。

>npm install express

express がインストールできたところで、環境を構築する。
express 日本語ガイドの通り進めてみる。
http://hideyukisaito.github.io/expressjs-doc_ja/guide/

express /tmp/foo && cd /tmp/foo

c:\tmp\foo が作られる。
続いて依存関係のインストール?

>npm install -d

npm により、c:\tmp\foo に必要なパッケージが /tmp/fooにインストールされたっぽい。
続いてnodeでサーバーを開始する。

>node app.js

ブラウザで http://localhost:3000/ にアクセスすることでサンプルページが見れた。

この時点で、フォルダ構成はこのようになっている。

 .
 ..
 app.js
 node_modules
 package.json
 public
 routes
 views

app.js でサーバーの初期設定を行っていて、
現時点では、jade ビューエンジンで書かれたview が views フォルダに出来上がってる。

とりあえずインストールまで。
ここから、ビューエンジンを変えたり、Linuxサーバーに構築したりしていきます。